商品レビューを書いて500 ポイントをゲット
商品コード: 該当なし 商品カテゴリー: 商品タグ: ,

タダシップ


¥2,250 ~


ED治療薬のタダシップは、インドのムンバイに拠点をおく大手製薬会社シプラ社により製造販売されている、シアリスジェネリック医薬品になります。有効成分タダラフィルの働きが、血液の流れを促進し、およそ24時間〜36時間にわたり勃起不全の改善をサポートします。食事の影響も受けにくく、緩やかな無理のない勃起を促してくれるED治療薬です。勃起不全の原因は様々ですが、ほとんどのタイプの症状に適しているといわれています。

1錠あたりの最低価格: 334円(20mg / 28錠)

生産国 : インド

出荷国 : インド


ソーシャルシェア:
SKU 数量 価格 1錠あたり数量
1811014 ¥2,250562 円
-
+
spinner
181102 20 ¥8,320416 円
-
+
spinner
181103 28 ¥9,350334 円
-
+
spinner

主要有効成分:タダラフィル

 

  1. タダシップとは?

勃起不全治療薬のタダシップは、インドのムンバイに拠点をおく大手製薬会社シプラ社により製造販売されている、シアリスジェネリック医薬品になります。有効成分タダラフィルの働きが、血液の流れを促進し、およそ24時間〜36時間にわたり勃起不全の改善をサポートします。食事の影響も受けにくく、緩やかな無理のない勃起を促してくれるED治療薬です。勃起不全の原因は様々ですが、ほとんどのタイプの症状に適しているといわれています。

タダシップによる勃起の作用は、通常の勃起のような緩やかなものだとされています。これは、主成分であるタダラフィルが水に溶けにくい性質を持っているため、緩やかに体内に吸収されることから起こります。このような遅効性の性質の為に、効果の持続時間も長いとされています。緩やかな勃起を起こすサポートをすることから、加齢性EDや器質性EDの方にタダラフィルは推奨されています。

主成分であるタダラフィルは、良性前立腺肥大症にも使用されており、また、肺動脈性高血圧症の治療では、アドシルカという医薬品名で処方されています。

タダラフィルは、厚生労働省にて勃起不全の治療薬として承認されている成分です。

シプラ社は、心臓疾患・糖尿病薬・抗うつ剤・抗生物質などの治療薬の分野においても優れた製薬会社です。世界保健機関(WHO)が定めた医薬品の製造管理、品質管理基準を満たしている企業で、国際的にも高い知名度があります。

 

 

  1. タダシップの効果・効能 

・勃起は、陰茎内の環状グアノシン一リン酸(cGMP)が血管を拡張させ、平滑筋を緩め、陰茎内の血流を促進させることで起こる生理現象ですが、陰茎内のPDE5(ホスホジエステラーゼ5)という成分が、この作用を阻止してしまうことで、勃起不全の症状が起きてしまいます。タダシップの主成分であるタダラフィルは、PDE5(ホスホジエステラーゼ5)阻害剤にあたり、陰茎内の環状グアノシン一リン酸(cGMP)の働きを分解してしまうPDE5(ホスホジエステラーゼ5)の働きを阻害し、勃起を維持することを可能にさせます。

タダシップを服用することで、環状グアノシン一リン酸(cGMP)の働きを正常にし、勃起を促します。

服用後約24時間から36時間、効果が持続します。肉体的または精神的に性的刺激を受けた際には、複数回勃起を起こさせることが可能です。服用後約14時間後には、最高血中濃度の半分になるといわれています。

 

 

  1. 服用方法

・性行為予定前の1時間から3時間前に1日1錠を最大とし、水またはぬるま湯で服用します。

・タダシップの最高血中濃度は、服用後から3時間後が目安になっています。

・タダシップの主成分タダラフィルは、食事の影響は受けにくいとされていますが、なるべく和食などあっさりしたものを中心に、800Kcal以内にとどめておきましょう。

 

800キロカロリーの食事の目安

  •  ぶり照焼定食 720Kcal
  •  刺身定食   608Kcal
  •  きつねうどん 398Kcal
  •  ナポリタン  650Kcal

洋食や中華料理などでも800キロカロリー以下のものは、たくさんありますが油分を多く含んでしまう為、やはり油物が少ない日本食などの方が良いでしょう。食前・食後、どちらに服用しても問題はありません。

 

・ 日本人男性に20mgは多いとされており、初回服用の際は5mg、または10mgからの服用が推奨されています。

・ タダシップ10mgの服用での効果持続時間は約24時間とされており、20mgでは36時間の効果持続時間とされております。

・飲酒はなるべく控えましょう。タダシップは血液の流れをよくする作用のある治療薬です。同じ作用をもたらすアルコールは控えましょう。

また、アルコールは副作用が強く出てしまう要因にもなりますので注意が必要です。

 

 

  1. 副作用

・副作用の症状には個人差がありますが、顔の火照り・頭痛・腹痛・鼻水などが報告されています。これらの副作用は、お薬の効能である「血液の流れをよくする」作用が働きあらわれる副作用の症状とされていますが、これらの軽い副作用は、効能の消滅と共に消えていきます。頭痛や腹痛などは、タダシップと併用できるものもあり、ロキソニンはタダシップとの相性も悪くなく、タダシップの服用と同時に服用ができます。

・我慢できないような痛みが出てしまった場合には、直ちに受診しましょう。

・その他、行為が終わった後も勃起の継続が長く続くようであれば、陰茎損傷を起こしてしまう恐れもありますので、医療機関で診察を受けましょう。

 

 

  1. 使用上の注意

1) 下記の症状がある方は、タダシップの服用前に必ず医師にご相談ください。

  • 狭心症
  • 心臓病
  • 高血圧または低血圧
  • 過去6ヶ月以内のうっ血性心不全または脳卒中
  • 過去3ヶ月以内の心筋梗塞
  • 医師から性行為をしないように指示されている健康状態にいる場合
  • その他何らかの疾患で、医師の指導下にある方
  • 65歳以上の方
  • 主成分タダラフィルにおいてアレルギー症状を起こされてことのある方

 

2)併用禁忌薬 ・注意薬

禁忌薬

併用禁忌薬 とは、併用することで身体に危険な症状がでる恐れがある、飲み合わせの悪い治療薬のことを指します。

・硝酸剤(飲み薬・舌下錠・貼り薬・吸入薬・注射・塗り薬・スプレーなどを含む)

例として

-ジドレンテープ、硝酸イソソルビドテープ、ニトラステープ、ミリステープ

-1硝酸イソソルビド錠、ニコランジル錠、ハイパジールコーワ錠

-ニプラジロール点眼液0.25%、ニプラノール点眼液、ハイパジールコーワ点眼液

 

・慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治療薬

例として

-アデムパス錠

併用することにより、症候性低血圧を起こす可能性があり危険です。

 

・β遮断薬 (全てではない)

・緑内障の治療薬 (全てではない)

 

注意薬

主成分タダラフィルは主に肝臓で代謝されます。肝臓には多くの CYP3A4という酵素が存在し、タダシップの代謝に必要とされる酵素です。この酵素と同じ要素を体内に取り入れるのには注意が必要です。

・CYP3A4 阻害剤とHIVプロテアーゼ阻害剤

タダシップとの併用で血漿中濃度が上昇する恐れがあり、大変危険です。

 

・CYP3A4誘導剤や降圧剤・急性心不全治療剤カルペリチド

タダシップとの併用で血漿中濃度が低下する恐れがあります。

 

・α遮断薬

血圧下降を引き起こす可能性があり、失神などの症状を引き起こしてしまう可能性があります。

 

・他に、C型肝炎ウイルスプロテアーゼ阻害剤、マクロライド抗生物質など。

 

 

3) その他の注意点

・服用後、期待通りの効果があらわれない際、追加して服用するのは厳禁です。次回のタダシップの服用までは24時間空けてからの服用となります。

・服用は18歳以上からとし、65歳以上の方は医師とご相談の上服用してください。

・タダシップの服用において、抗体ができてしまうようなことはありませんが、糖尿病などの生活習慣病の発症や、加齢によって効かなくなったと感じる場合があります。

・高温多湿を避け、幼児の手の届かないところでの保管となります。

・本治療薬は、血流改善によって勃起をサポートするお薬となります。治療薬の体内吸収のみで、性的な刺激がない場合には勃起はしません。

・タダシップの効果・効能または副作用には個人差があります

・タダシップが身体に合わない場合は、直ちに医師の元で受診をし、使用を中止しましょう

Reviews


Be the first to review “タダシップ”

*