商品レビューを書いて500 ポイントをゲット

ソバルディ


¥258,800

ソバルディ(一般名:ソホスブビル)はC型肝炎ウイルス(HCVが体内で増殖するのを防ぐ核酸型ポリメラーゼ(NS5B)阻害薬に属する抗ウイルス薬です。
ソバルディC 型慢性肝炎 ジェノタイプ 2 の治療において、以前の治療法よりも副作用 少なく、直接作用型抗ウイルス薬として12週間の治療で95%以上の高い治療率を得られる新世代の経口治療薬です。

製造国 :  インド
発送国 :  インド

商品コード: 該当なし 商品カテゴリー: , 商品タグ: ,
SKU 容量 数量 価格 1錠あたり 数量
2491 400mg28錠 ¥258,800 9243 円
-
+
spinner

説明

 

1. ソバルディとは?

 

ソバルディ(一般名:ソホスブビル)はC型肝炎ウイルス(HCVが体内で増殖するのを防ぐ核酸型ポリメラーゼ(NS5B)阻害薬に属する抗ウイルス薬です。

ソバルディC 型代償性肝硬変 におけるウイルス血症の改善にも効果をもたらします。

ソバルディC 型慢性肝炎 ジェノタイプ 2 の治療において、以前の治療法よりも副作用 少なく、直接作用型抗ウイルス薬として高い治療率を得られる新世代の治療薬です。

以前はC 型肝炎 を治療するためには副作用の強いインターフェロンの注射とリバビリンなどを用いた治療方法で24〜48 週間にも及ぶ長期間の治療が必要でしたが、副作用が強いにもかかわらず回復率は高くはなく、回復しないこともあることが特徴でした。

ソバルディ通常リバビリンと併用され12週間の治療期間に内服薬を服用するだけでジェノタイプ 2 のC 型慢性肝炎の治療し、治験においては95%以上の高い回復率が報告されている画期的な新薬です。

ジェノタイプ 1のC 型慢性肝炎の治療においては24週間の治療期間で高い確率で回復することが出来ますが、ジェノタイプ 1にはソバルディにNS3阻害薬であるレディパスビルの成分が配合されたソバルディと同じ製薬会社であるギリアド・サイエンシズ株式会社から製造販売されている「ハーボニー」という新薬がより多く治療に用いられています。

ソバルディは成人と12歳以上の子供、または体重が少なくとも35キロの慢性C型肝炎を治療するために他の薬剤と組み合わせて使用​​され、単独では服用しないことが特徴です。

 

ソバルディは以下のジェノタイプのC肝炎を治療します。

① セログループ 2(ジェノタイプ 2)

② セログループ 1(ジェノタイプ 1)

③ ジェノタイプ 3, 4, 5, 6 型の C 型慢性肝炎

 

ソバルディは他の抗ウィルス薬と組み合わせて投与しなければならず、単独で使用すべきではありません。

ソバルディは通常、リバビリンと併用されます。

 

ソバルディは、HIVを患っている人や、肝がんを患って肝移植を受ける人に使用されることがあります。

 

 

 

2. 服用方法

 

推奨レジメンと治療期間

ジェノタイプ2:ソバルディ + リバビリンを12週間服用

ジェノタイプ1または4:ソバルディ+ ペグインターフェロンアルファ + リバビリンを12週間服用

ジェノタイプ3:ソバルディ + リバビリンを24週間

– 肝移植を待つ肝細胞癌:ソバルディ + リバビリンを48週間服用して治療、または肝臓移植

 

 

 

3ソバルディの用量

 

慢性C型肝炎の通常の成人摂取量:

1日1回400mg経口投与

食事の影響は受けません。

医師の指示に従い服用してください。

 

 

 

4. ソバルディの副作用

 

次のような症状が表れたり、悪化した症状がある場合は、すぐに医師にご相談ください。

 

食欲不振

腹痛

暗色の尿

粘土色の便

黄疸(皮膚や目の黄色く変化する症状)

非常に遅い心拍、胸の痛み、息切れ

混乱

記憶障害

極端な疲れ

 

 

一般的なソバルディの副作用には以下が含まれます:

 

頭痛

疲労感

貧血

吐き気

睡眠の問題

 

 

副作用については医師に相談してください。

 

ソバルディへの蕁麻疹、困難な呼吸、顔、唇、舌、または喉の腫れなどの

アレルギー反応の徴候がある場合、医療機関にすぐに相談してください。

 

 

 

5. ソバルディの併用禁忌薬

 

アミオダロンと呼ばれる心臓治療薬と併用すると、心臓に危険な副作用を引き起こす可能性がありますので併用はさけ、医師に相談してください。

うつ病に効果的だとされているハーブであるセント・ジョーンズワートと併用を避ける必要があります。

この他にも、処方薬、市販薬、ビタミン、およびハーブ製品を含む他の薬物は、ソフォスビルと相互作用する可能性があります。現在服用しているすべての薬について医者に伝えてください。

 

 

 

6. ソバルディを服用する際の注意点

 

ソバルディは必ず医師の指示の元で服用するようにしてください。

ソバルディは単独では服用してはならず、他の抗ウイルス薬剤と組み合わせて服用する必要があります。

・リバビリンは、生まれていない赤ちゃんの先天異常や死を引き起こす可能性があります。妊娠している場合、女性のセックスパートナーが妊娠している場合は、リバビリンとソバルディを併用しないでください。これらの医薬品を一緒に使用しながら、そして治療終了後少なくとも6ヶ月間、少なくとも2種類の非ホルモン性の避妊薬を使用してください。

ソバルディが母乳に流入し、授乳中の赤ちゃんに影響を及ぼす可能性がありますので授乳中の場合は医師に相談してください。

・治療期間中に突然ソバルディの使用を止めてはいけません。突然服用を停止すると、C型肝炎を抗ウイルス薬で治療することが難しくなります。

 

 

7. 保管方法

 

湿気が少ない室温で容器に入れて保管してください。

 

ソバルディの服用方法は?

ソバルディの効能効果は、C型肝炎ジェノタイプ1、及びジェノタイプ2の患者へ効能効果を発揮しています。主な対象であるC型肝炎ジェノタイプ2a型、2b型の患者へは、リバビリンとの併用で1日1錠、12週間の経口投与となり、またC型肝炎ジェノタイプ1の患者へは、同じくリバビリンとの併用で1日1錠24週間の経口投与となります。

ソバルディ服用においての注意点

ソバルディと併用するリバビリンの投与量は、リバビリンの添付文書に定められた用法、用量に従ってください。併用にあたっては、投与開始前にヘモグロビン量が12g/dL以上であることを確認することが必要となります。また、投与中にリバビリンの用量調節や投与中止を必要とするような、副作用が出てきてしまった場合には、リバビリンの添付文書を参照して下さい。リバビリンの投与を中止する場合は、ソバルディの投与も中止しなければなりません。

 

レビュー

レビューはまだありません。

以前にこの商品を購入したことのあるログイン済みのユーザーのみレビューを残すことができます。