商品レビューを書いて500 ポイントをゲット

マイヘップ MyHep™


¥61,680

マイヘップはソフォスブビルが主成分となっております。このソフォスブビルという、主成分の名前は、肝炎患者の方ならご存知だと思われます。マイヘップは慢性C型肝炎の1、2、3、4型の、経口治療薬として使用されています。

商品コード: 該当なし 商品カテゴリー: , 商品タグ: ,
SKU 容量 数量 価格 1錠あたり 数量
2492 400mg28錠 ¥61,680 2203 円
-
+
spinner

説明

C型肝炎のお薬として、経口投与が可能になったのは、ほんのつい最近のことです。一昔前までは、インターフェロンの注射がメインでC型肝炎の治療がされていました。しかしながら、多くの副作用が出てしまったり、インターフェロンが身体と合わなく、治療を断念される方もいました。ここ数年の間に、C型肝炎は新薬の登場で恐ろしい病気ではなくなりつつあります。治る可能性のある病気の仲間入りを果たしたC型肝炎ですが、その分治療薬の種類もたくさん登場してきています。C型肝炎は、ジェノタイプ(ウィルスの種類)のよって、
ウィイルスの消滅が早かったり、ウィイルスによって効果のある治療薬も変わってきます。
しかし、数種類の経口治療薬が選択できるようになった近年、積極的に治療していけるようになりました。

マイヘップはジェネリック?

マイヘップはインドにあるマイラン社より製造販売されています。マイラン社は、ギリアド社と列記としたライセンスと技術譲渡契約を交わしており、インドを含む91もの発展途上国にて、高品質、効果的かつ安価での非独占的な権利をギリアド社より、付与されています。そして、このマイヘップによって、1億人を超える発展途上国のC型肝炎患者が治療を受けられるようになりました。これまでは、発展途上国におけるC型肝炎の治療は価格の面からも、見送られることが多かったのですが、このマイヘップの登場により、きちんと治療を受けられるようになりました。マイヘップはマイラン社より製造販売されている、ジェネリック医薬品となります。そして、このマイラン社は、HIVケア、女性疾患のケア、および癌治療といった様々な、治療に貢献している製薬会社でもあります。

ジェネリックでも大丈夫?

もちろんです。ジェネリック医薬品とは、先発(一番最初に研究、製造販売した製薬会社)
の特許が切れたものを、他国または同国の他の製薬会社が同じ成分、つまり同じ効果のある医薬品を製造販売した医薬品です。このマイヘップにおいては、企業間でのライセンスと技術譲渡契約が交わされております。値段が安いから危ないということではなく、人件費の安い国から製造販売されることによって、貧富の差なく治療が行えるのが、ジェネリック医薬品の素晴らしいところです。国境なき医師団などは、ジェネリック医薬品を使用しております。

マイヘップについて教えて下さい

マイヘップはソフォスブビルが主成分となっております。このソフォスブビルという、主成分の名前は、肝炎患者の方ならご存知だと思われます。マイヘップは慢性C型肝炎の1、2、3、4型の、経口治療薬として使用されています。リバビリンとの併用、またはぺぐインターフェロンとリバビリンとの併用で投与が行われます。マイヘップ単体では、投与されていません。マイヘップ1錠に含まれるソフォスブビルは400mgとなっています。より少ない副作用、そしてより短い治療期間、そして何よりも高額ではないのがマイヘップの魅力ともいえます。

 

 

レビュー

レビューはまだありません。

以前にこの商品を購入したことのあるログイン済みのユーザーのみレビューを残すことができます。