商品レビューを書いて500 ポイントをゲット

メガリス Megalis


¥1,920 ~

シアリスのジェネリック医薬品の中で、今密かに人気を集めているのが「メガリス」。

一般的にシアリスが1錠あたり2000円前後で販売されているのに対し、シアリスジェネリックのメガリスは、1錠平均して500円〜700円という価格帯で販売されており、同等の効果が得られることから、世界中で様々な年齢の方に愛されている勃起不全薬の一つです。

シアリスの有効成分はタダラフィルと呼ばれ、現在発売されている3種類のED治療薬の中で最も新しく開発され、最も副作用が少なく、最も長い効果持続時間を誇る成分です。

持続時間が36時間と長くタイミングを気にする必要がないという理由から、海外では「ウィークエンドピル」とも呼ばれています。

商品コード: 該当なし 商品カテゴリー: 商品タグ: ,
SKU 容量 数量 価格 1錠あたり 数量
2535 20mg 28 ¥12,490 446 円
-
+
spinner
2534 20mg 20 ¥10,080 504 円
-
+
spinner
2533 20mg4 ¥2,240 560 円
-
+
spinner
2532 10mg 28 ¥10,750 384 円
-
+
spinner
2531 10mg 20 ¥8,640 432 円
-
+
spinner
2530 10mg 4 ¥1,920 480 円
-
+
spinner

説明

 

1. メガリスとは?

 

用量:10mg, 20mg
製薬会社:マクローズ社/ Macleods Pharmaceuticals Ltd
錠剤形態:錠剤タイプ
有効成分:タダラフィル
効果持続時間:24時間〜36時間

メガリスマクローズ社(Macleods Pharmaceuticals Ltd)が製造販売しているシアリスのジェネリック医薬品です。高品質でシアリスと同等の効果をもたらすとして多くの男性に支持されているシアリスの錠剤タイプのジェネリック医薬品です。長年リピートして購入し、愛飲している方も世界中にたくさんいます。シアリスを服用したいけれど、高すぎるために購入をためらっている方にはメガリスを推奨します。

メガリスの人気の背景には、メガリスの製薬会社であるマクローズ社がインドでトップ10に入るグローバル製薬会社であるということが挙げられます。

マクローズ社は設立されてから20年ほどで急成長を遂げており、従業員数が10,000人以上にも昇るようになった大企業です。マクローズ社はインドのマハラシュトラ州にあるムンバイのアンダリー・イーストに拠点を置き、抗生物質など様々な医薬品を製造している製薬会社です。 抗生物質の他、喘息、結核、糖尿病、胃腸炎、成人病などを治療する医薬品を主に製造しています。近年では心臓血管、糖尿病、整形外科、婦人科、呼吸器および腫瘍学への医薬品製造を手がけています。

マクローズ社はアジアやアフリカ、南米や中東の他、アメリカ合衆国とイギリスにも輸出しており、アメリカのFDA(Food and Drug Administration/ 米国食品医薬品局)からの承認を受けた医薬品を製造している信頼できる製薬会社です。

 

 

2. メガリスの服用方法

 

メガリスの効果が発揮されるためには、男性が性的興奮を感じることが必要とします。性欲を増加させたり、興奮を刺激するような作用はもたらしません。

メガリスの服用は、性行為の少なくとも30分前、できれば1時間以上前に服用する必要があります。メガリスを服用してから効果が表れるまでの時間には個人差があるとされ、1〜4時間の間となっています。服用してから最も強い効果が表れる時間は服用してからおよそ3時間ほどとされています。

服用の量は、個人の反応に応じて調整することができます。最大で服用することができる量は20mgです。

服用間隔は24時間となっており、1日に1回よりも多く服用することは避ける必要があります。

メガリスはバイアグラとレビトラに比べ、食事の影響が少ないとされているED治療薬です。バイアグラとレビトラは食後に服用するとその効果が半減するなど食事の影響を受けやすいED治療薬です。食後に服用して効果を感じることができなかったという方も多くいらっしゃるようです。メガリスは食後に服用しても効果が低減する程度になるとされています。

メガリスを服用して食事をする場合の注意点は800カロリー以下の食事をするということです。800カロリー以下の油分が少ない食事ですと食事の影響が受けにくいので、あっさりとしたカロリー控えめの食事をするようにしましょう。

バイアグラと同様、一番効果的なメガリスの服用タイミングはやはり空腹時です。

メガリスが一度体内に吸収されてしまうと食事をしても問題ありません。とはいえメガリスを服用してすぐに食事をしてしまうと有効成分が体内に吸収される毎に有効成分が薄まってしまうので、食前にメガリスを服用する際は食事の前の2時間前がベストであり、少なくとも30分以上経ってから食事をするようにしましょう。

 

 

3. 投薬量

 

– メガリスは必要に応じて服用することができます。

– シアリスを日本の医療機関から処方を受ける際には用量が5mg、10mg、20mgとなっています。

メガリスの20mgはほとんどの日本人男性には多めの用量となっています。

日本人の平均的な体型の男性には、10mgを服用することが推奨されています。

長い効果時間が必要でなかったり、副作用が気になる方、もともと医師からシアリスの10mgの処方を受けている方は、メガリスの10mgを購入するか、メガリス20mgの錠剤をピルカッターなどを利用して半分に切ってから服用してください。

 

 

4. メガリスの副作用

 

メガリスの服用注意点として副作用にどのような症状があるのか知っておくことは大事なことになります。

一番新しいED治療薬であるメガリス(シアリス・ジェネリック)はバイアグラとレビトラに比べると最も副作用が少なく軽いとされています。

メガリスの副作用としては頭痛、鼻づまり、ほてり、動悸、目の充血、めまい、胸焼け、胃のむかつき、消化不良、下痢、関節痛、色覚異常などが挙げられます。

メガリスの副作用として最もよく確認される副作用は頭痛、鼻づまり、消化不良です。

 

 

5. メガリスを服用する際の注意点

 

メガリスは数々の試験と検査をクリアしてその効用と安全性が認められたED治療薬ではありますが、服用する際には数々の注意点があります。

以下の注意点を守って服用すると、安全にメガリスの素晴らしい効用と効果を体験することができます。

 

1)持病のある方

 

メガリスの服用注意点として、以下の中の項目に持病がある方は服用を避け医師に相談してください。

・狭心症
・心臓疾患(心筋梗塞、心不全など)
・血管系疾患(冠動脈異常)
・動脈異常
・高血圧
・低血圧
・網膜色素変性症
・重い肝機能障害
・過去に脳梗塞、脳出血を患ったことがある方

硝酸剤を服用の方はメガリスを服用すると血圧をさらに降下させて危険ですので服用を避けてください。

過去に脳梗塞、脳出血、心筋梗塞を患ったことがある方は回復してからの経過年月、そして現在の体調によりメガリスを服用することができるかどうか判断する必要があるために医師に相談する必要があります。

バイアグラとレビトラも上記の症状をお持ちの方は服用することが不可能或いは難しいので医師に相談する必要があります。

 

 

2)メガリスの併用禁忌薬

 

メガリスの服用注意点として、併用禁忌薬はニトログリセリンや一硝酸イソソルビド、亜硝酸アミルなどの硝酸薬、アダムパス錠などの肺高血圧症治療薬、ニプラノール点眼液などになっております。

硝酸剤の中にはスプレー、貼り薬、吸入薬、注射、塗り薬などたくさんの種類がありますので注意して確認してみる必要があります。

この他にもたくさんの併用禁忌薬があります。これらの医薬品を服用されている方は医師に確認するようにしましょう。

バイアグラとレビトラも上記の医薬品は共通して併用禁忌薬となっております。

 

 

3)メガリスの併用注意薬

 

メガリスの服用注意点として、以下の医薬品を服用している場合にメガリスを服用することができますが注意が必要ですので医師に相談されるとよいでしょう。

 

・高血圧や前立腺肥大のための治療薬であるα遮断薬

アビショット、イセプレス、エブランチル、カルデナリン、テラゾシン、トラブゾン、ダウナット、 デタントール、ドキサゾシン、ハイトラシン、ハルナール、フリバス、 ミニプレス、ユリーフ、レギチーン等のα遮断薬

 

・降圧剤 

アムロジピン、エナラプリル、カンデサルタン、ノルバスク、メトプロロール等

 

CYP3A誘導剤

フェニトイン、フェノバルビタール、リファンピシン等

 

CYP3A4阻害剤

イトラコナゾール、クラリスロマイシン、ケトコナゾール、テラプレビル等

 

・急性心不全治療剤

カルペリチド等

これらの併用注意薬はバイアグラとレビトラも共通しています。

 

 

 

4)グレープフルーツとそのジュースは避ける

 

メガリスと食べ合わせの注意点の中で重要なことはグレープフルーツを一緒に食べないということです。

グレープフルーツなどの柑橘類とそのジュースの中に含まれているフラノクマリン酸という成分がシアリスの有効成分であるタダラフィルが体内で次第に分解され排出される作用を抑える働きをします。そのため、タダラフィルが体内で吸収されやすくなり、また体内に長く残ってしまいますので有効成分が適量以上に作用して副作用が強く出たりします。柑橘類の中でレモンはフラノクマリン酸が含まれていないのでメガリスを服用中でも食べることは可能です。

バイアグラとレビトラを服用する時もグレープフルーツとそのジュースを一緒に食べることは避ける必要があります。

レビュー

レビューはまだありません。

以前にこの商品を購入したことのあるログイン済みのユーザーのみレビューを残すことができます。