ヘプシナット

¥58,980

ヘプシナットは、食品医薬品局(FDA)が認可している抗ウイルスの薬品で、他の薬品組み合わせて服用し、C型肝炎ウウィルス(HCV)を治療するために使用されています。

商品コード: N/A 商品カテゴリー: , 商品タグ: ,
商品コード 容量 数量 価格個数
2490 400mg28錠 ¥58,980 2106 円
-
+
spinner

レビュー

レビューはまだありません。

以前にこの商品を購入したことのあるログイン済みのユーザーのみレビューを残すことができます。

説明

C型肝炎ウィルスに感染したからといって、すぐに死に至ってしまったりなどとはなりませんが、放っておくとそのまま肝硬変へと進み、最終的には肝がんへと進行していきます。
現代医学では、C型肝炎に対するお薬が次々に登場しています。C型肝炎になったからといって落ち込んだりせず、前向きにお薬で治療していきましょう。

ヘプシナットってなあに?

ヘプシナットは、食品医薬品局(FDA)が認可している抗ウイルスの薬品で、他の薬品組み合わせて服用し、C型肝炎ウウィルス(HCV)を治療するために使用されています。
単独で、ヘプシナットのみが使用されることはありません。
ヘプシナットは、ペグインターフェロンやリバビリんなどと併用されていて、HIV患者、すでに肝がんへと移行されている患者、肝移植を受けた患者などへ、ヘプシナットは使われています。ヘプシナットは副作用がより少ないからです。ヘプシナットはソフォスブビルが主成分となっていて、製造販売会社はNatcoとなります。このヘプシナット400mgを製造しているインドのNatco社は、ソバルディの製造会社ギリアド社から正式にライセンスを受けてジェネリック薬を製造している ため効果は同等とも言え、薬の値段も驚くほど低く設定されているのです。

使用方法と副作用

ヘプシナットは、一錠400mgとなっています。飲食の有無に関わらず、毎日服用していきますが、服用後2時間以内に嘔吐などの症状が出てしまった場合は、直ちに服用を中止してください。ペプシナットは、他のお薬との併用薬として服用しますので、他のお薬を飲まれるときに、ヘプシナットを服用するようにすることを、お勧めいたします。毎日欠かさず、忘れず、ヘプシナットを服用してください。

ヘプシナットの推奨される服用の仕方はありますか?

  • ウィルスの遺伝子が1か4の慢性C型肝炎の場合
    12週間のヘプシナット、リバビリン、ペグインターフェロン
  • ウィルス遺伝子が2型
    12週間のヘプシナット、リバビリン
  • ウィルス遺伝子が3型
    24週間のヘプシナットとリバビリン

といった、ヘプシナットの服用が推奨されています。
また、肝がんや肝移植を行なった患者様には、48週間のヘプシナットとリバビリンが推奨されています。

保管方法

ヘプシナットは常温保存となります。