STD 性病

性行為を始める年齢が下がるにつれて、STD 性病に感染する若者も増えてきています。法律上、性病と性感染症とは別なものと考えられており、性病と呼ばれるものには、法律上淋病、梅毒、軟性下疳、鼠径リンパ肉芽腫の4種類あります。

またこれ以外にも特に若者中心に特に多いのが、クラミジアやコンジローマと呼ばれるSTD 性病です。
そのほか、性器ヘルペスやトリコモナス症、毛じらみ、恐ろしい病気としてはエイズなどがあげられます。
これらに感染すると、排尿時の違和感や痛み、女性の場合はひどい腹痛が起きたり、匂いのあるおりものが増えて、放置しておくと不妊の原因になることもあります。

クラミジアはオーラルセックスでも感染します。
コンジローマは性器や肛門付近にイボが出来るものなので、ペニス付近にイボがある場合、フェラチオ行為のみでも感染する可能性があります。

そういう面を考慮すると、コンドームのみでは防ぎきれないことはわかってくると思います。また多くのSTD  性病は、不妊の原因にもなり得るので、性行為により感染する病気は人生を左右する危険もはらんでいるのです。

少しでも気になる症状が現れたときには、他の人にうつしてしまう前に早めに病院で診察を受けることが何より重要です。