うつ病の治療

近年世界レベルでうつ病に悩む人が増えており、忙しい働き盛りの人だけでなく、学生や主婦の間でもうつ病であると診断されるケースも増えています。名前の認知度が上昇しています。

誰でも生活していく中で、嫌なことや落ち込むことはあり、何をしても元気が出ない辛い時間を経験したことは誰でにもあるものです。ですが、ほとんどのケースで、時間の経過とともに落ち込んだ気分も元に戻り、他に何か楽しいことがあれば元気が出て、気持ちが晴れていくものです。

このような一時的な気分の浮き沈みはうつの症状でありません。

うつ状態は、物事に対する関心や意欲が失われ、何もやる気が起こらないという状態が長く継続している状態です。
その期間の目安となるのが2週間で、2週間以上気分回復しない場合にはうつ病と診断されます。

うつ病の症状は精神面だけでなく、不眠や食欲の減退、頭痛、吐き気という身体症状を合併するケースも多く、身体症状からうつ病の治療へ向けて、病院を受診するケースもあります。
心身の状態が悪化すると、日常生活にも悪影響を及ぼすため、ますますうつ状態がひどくなってしまうマイナスのスパイラルも起こりやすい特徴があります。