避妊 ピル

経口避妊薬とは「低容量ピル」のことで、女性ホルモンが含まれた内服する錠剤のことです。

毎日一回服用することにより排卵を抑制し、子宮内膜の増殖も抑えます。そのため、低用量ピルには、コンドームよりも高い避妊効果があります。正しく服用すれば、ほぼ100%確実に避妊できる最も確実で安全性の高い低用量ピルにより、「望まない妊娠」からあなた自身を守ることができます。
低用量ピルはエストロゲンとプロゲステロン類似ホルモンを含んでいます。
ピルを服用すると、それらのホルモンの働きにより脳下垂体は「妊娠した」と、感知します。
実際には妊娠していないにも関わらず、「だまされている」状態です。

この結果、排卵を促す際に必須である黄体化ホルモン(LH)の分泌が抑制されます。卵巣は排卵する必要が無くなり、休眠した状態になります。

ピルの服用を中止すれば、脳下垂体は「妊娠状態が終了した」と、感知し、再び卵巣を刺激して排卵を促します。

女性ホルモンの含有量によって低~高用量に分類され、ホルモンの含有量50μg未満が低用量避妊 ピル、50μgが中用量避妊 ピル、50μg以上が高用量避妊 ピルです。ホルモン含有量に比例して高い効果が実感できますが、同時に副作用も強くなります。