ニキビ治療

多くの人が経験するお肌のトラブルであるニキビ。
軽い症状も含めると、成人の90%以上がこの病気を経験していると言われています。

平均発症年齢は13歳から18歳程度が多いことから「青春のシンボル」と呼ばれることがありますが、近年は成人の発症も多く、「大人ニキビ」という言葉も一般化しています。

ニキビには「尋常性痤瘡(じんじょうせいざそう)」という医学的な名称がある立派な皮膚疾患(病気)のひとつで、毛穴に発生する慢性炎症性疾患、または、炎症を起こす前の状態す。

症状としては以下のように分類されます

皮脂腺から分泌された皮脂が毛穴からスムーズに排出されず、毛穴にたまった状態(白ニキビ)
毛穴に皮脂が酸化して黒くなった状態(黒ニキビ)
毛穴が炎症を起こして赤くなった状態(赤ニキビ)
炎症が真皮層にまで達膿が溜まった状態(黄ニキビ)
更に炎症が進み、内部に膿や血液が溜まった状態(紫ニキビ)