インポートエージェンシーストアーは海外医薬品を格安で取り扱うお薬通販サイトです。 ED治療薬、早漏防止薬、育毛剤、性病薬、避妊薬などを最安値で販売しています。

配送番号検索
お荷物の配送状況を検索できます。
お知らせした番号をご入力下さい。

インドの薬事業界

優良なインド製のジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品は、新薬に比べ、安全性や効果効能は同じでも低価格であるため、国としても保険料負担軽減のために積極的にジェネリック医薬品の使用を推奨しています。

日本では法律等の問題で普及が遅れているジェネリック医薬品ですが、欧米や他のアジア諸国では非常に人気があります。

特に、親日国として有名なインドでは、普及のみならずジェネリック医薬品の開発も日本より進んでいて、世界のジェネリック医薬品市場に大きく貢献しています。

インドでは、欧米諸国でもまだ流通していないジェネリック医薬品がたくさん製造、流通されています。

インドから優良なジェネリック医薬品が生まれる理由

インド独自の法律により、合法的にジェネリック医薬品が欧米諸国よりも早く流通させることが可能です。

通常、欧米や日本では医薬品に対し、「物質特許」と「製造特許」など2種以上の特許を認めています。

特に、新薬の開発をした企業にその製造コストを回収してもらうという意図で、前者の物質特許は非常に手厚く保護されていて、その保護期間はおよそ20年です。

新薬の開発には膨大な時間とお金がかかるので、製品化に成功した企業にはその製造コストを回収してもらい、さらに次なる新薬の開発の意欲を減退させないために、特許による独占販売を認めているのです。

一方で、インドではその「物質特許」はありません。

そのため、新薬全く同じ成分でもほんの一部製造プロセスを変えれば、インドの法律上は全く違う薬として扱われるので、欧米諸国や日本よりも早く、ジェネリック医薬品を開発して流通させること可能なのです。

インドのこの法律制度が生まれた背景には、インドの人口増加や貧困問題があります。

これらに対応するため、安価な医薬品の普及を政府として後押ししていく必要があるため、日本や欧米諸国とは異なった法律制度を設けて、効果・作用は同じでかつ安価なジェネリック医薬品の普及を奨励しているのです。

また、インドは発展途上国に囲まれているとこともこの制度を後押ししています。近隣の発展途上国でも、安価な薬が求められていますので、この法律制度は非常に合理的です。

安全性、効果効能に問題がなく安価のため、世界各国、もちろん日本の製薬会社もインド製のジェネリック医薬品を輸入・販売しています。

当社でも安心できるインド製のジェネリック医薬品を厳選して取り扱っておりますので、安心してご利用いただけます。