バイアグラのジェネリックとは何か?
ジェネリック医薬品とは、先発薬の特許権が切れた後、他の製薬会社が同じ主成分を使用し、同じような治療薬を製造・販売している後発薬
のことです。ファイザー社のバイアグラに対する特許が切れた後、各国の製薬会社で後発薬が製造・販売されています。これがバイアグラジェネリックなのです。

バイアグラの「物質特許」が2013年に満了、「用途特許」も2014年に満了し、この2つが、特許権存続機関満了になりバイアグラジェネリック医薬品を誕生させることができたのです。その後「生物学的同等性」、「薬剤の安定性」を証明し、厚生省から製造販売承認を取得、販売開始となりました。しかし、特許が切れたからとはいい、バイアグラやファイザー社などというブランド名は使用できず、各製薬メーカーはオリジナルの製品名を使用しなければいけませんでした。

インド産のジェネリックバイアグラで、もっとも有名で人気があるのがカマグラと言われています。この時もやはりカマグラと聞くより、バイアグラのジェネリックと捕捉できると、成分や服用方法などがわかりやすくなります。

バイアグラのジェネリックの誕生により、今では様々なバイアグラジェネリック医薬品が見られるようになりました。ED薬服用時の水が必要でない、カマグラゼリーや勃起不全の改善効果のある成分シルデナフィルに加え、早漏れ防止効果のある成分が同時に含まれた、スーパーカマグラなどもジェネリックならではの工夫がされています。他にも、フルーツ味のed治療薬や、フィルム状の治療薬まで誕生しています。

このように、数々バイアグラジェネリックが出てくると、ジェネリック ed 薬の選択に迷ってしまいます。服用される方としては、効き目、見た目、特徴、販売製薬会社どれも譲れない条件ではないでしょうか?
しかしながら、医薬品は体内に取り入れるものなので、見た目で選んでしまわないようにしないといけません。ジェネリックバイアグラには偽物である可能性も実はあるからです。
偽造バイアグラを避けるポイントとしては、大手製薬会社で製造・販売されているものであるか、薬効の特徴が自身にあっているのかではないでしょうか?

効き目に関してはほぼ同等ということであれば、他は水あり、水無などが選択のポイントとなります。