ED治療薬として人気の高い、バイアグラ、シアリス、レビトラ
この3種類の違いは一体なんなのか、疑問に思われてませんか?3種類の大きな違いは、お酒、食事、効果の時間などの関係です。改良が重ねられている分、効果にも違いが。
この3種類のED治療薬、基本の効果は同じなのですが、含まれてる成分がそれぞれ違うため、服用される方によっても副作用などの出方も様々です。そして、肝心な使用感についても、それぞれ違いはあるよう。
ED治療薬といっても、ガツンと効き目が現れるものや、ゆっくりと時間をかけて現れるものなど、様々。この3種類のED治療薬は、ジェネリック製でお手頃な価格で手に入る場合があるので、通販などで購入して違いを試してみるのも◉です。


バイアグラ

バイアグラは、服用30分後から効果が現れ始めます。その後、1時間ほどで血中濃度がピークになり、効果の継続はおよそ5時間から6時間です。バイアグラは、他のED治療薬を比べて、硬さが出やすいと言われる方が多いです。バイアグラは、飲食にとても敏感なED治療薬ですので、まだ食べたものがお腹に残っている状態では、効果は発揮されません。バイアグラは空腹で服用してください。

レビトラ

レビトラは、服用後およそ15分ほどで効き始め、45分ほどで血中濃度がピークに達するという、3種類の中でも一番即効性のあるED治療薬です。効果はバイアグラと同じく、5時間から6時間と言われていますが、EDの症状が軽めの方などには、もう少し継続時間が長く感じられるかもしれないです。レビトラは硬さが出やすい上、刺激に対して鈍感になるので、射精までの時間が長くなる方もおられます。

シアリス

彼女と旅行に行かれる方などに、もってこいのED治療薬です。シアリスは服用後1時間から2時間とゆっくりと効き始めます。しかし、空腹で服用された場合は、40分ほどで現れます。こういったことから、早く効いてほしい場合などは、空腹で服用するなどと自身で調節ができるので、便利なED治療薬です。その上、効果が24時間から36時間まで長く、続きますので、寝起きの性行為も可能となります。ガツンと来てしまう勃起などの違和感も少なく、射精感の遅延も内容です。