バイアグラが先立って、世界に知らされてますが、このバイアグラとジェネリックの”バイアグラ”はどう違いがあるのでしょうか?

バイアグラが先に特許とって、発売しているわけですから、バイアグラのジェネリックは後者といことになります。バイアグラの特質特許は2013年、用途特許は2014年に満了になっています。


現在ではどこの製薬会社でも”生物学的同等性”と、長期保存試験、加速試験などで”薬剤としての安定性”を証明し、所定の手続きを完了させ、厚労省から製造販売承認を受けることによって、ジェネリック医薬品の製造・販売が可能になります。

成分量の多少の違いはあっても、ジェネリックバイアグラもバイアグラということに変わりはないという事です。
まとめると、ジェネリック医薬品とは特許期間が満期となった薬品を、それぞれの、れっきとした製薬会社が製造、販売しているものです。ジェネリック医薬品は医薬品としては、値段が安い、製造国が違う等のことでしか、変わりはありません。

ジェネリックは品種が豊富?
特に海外ではスーパーカマグラなどの、バイアグラジェネリックの種類位がたくさんあり、世間ではジェネリックは品種が豊富と呼ばれています。
日本国内では、保険適用外ではありますが、ED治療薬のシアリスやレビトラなどが医師の処方箋によって入手可能です。
ただし、医師の処方によるバイアグラということで、診察料や他の所定の料金がかかることから、インターネット購入サイト等で、バイアグラを購入される方が多いです。

バイアグラは長い間、愛され続けている分、それだけジェネリック医薬品にも愛用者が多いのです。