早漏の苦しさ

早漏の方の苦しさはオーガズムに達するまでの短さによる自信喪失体験によるところが大きいです。というのは早漏の方はオーガズムに達するまで短いという性体験を繰り返すうちに性行為をする機会を逃したり、あるいは意図的に避けたりするようになります。その原因は男性としての自尊心を傷つけられた経験のためなのです。では、早漏の方はどのようにしてこの状況に向き合えばいいでしょうか。

カップル 早漏防止で薬使う

早漏を克服

まず、射精に至る説明をしたいと思います。射精と勃起に関係する自律神経は異なるものです。勃起は副交感神経優位、射精は交感神経優位の反応です。どういうことかというと、勃起はリラックスしている状態、射精は興奮状態で生じるものなのです。リラックスした状態で性交に臨み、その過程で興奮を高めていくことで射精に至るのです。となると、リラックスしたムードのもとで時間をかけて性交を行うことが簡単にできる早漏防止策です。ただ、これだけでは改善されない場合もあります。そのような場合には薬を使うというのも一つの早漏防止策です。

早漏防止で薬を使う

早漏防止のために薬を使うのも一つの手段です。早漏とEDを併発している方はバイアグラやシアリスなどのED改善薬を服用することで治療することができます。ED治療薬によって勃起の持続力が長くなり、結果的に陰茎に多くの刺激を与えずにすみ射精までの時間が長くなります。ただ、もちろんED治療薬で治療することもできますが、パートナーとリラックスして性交に臨める雰囲気づくりが大切です。薬で肉体的にアプローチし、パートナーとの会話や雰囲気づくりで心理的にアプローチをするという、二つが合わさったときが最も早漏防止を成し遂げられる状況なのです。

 

早漏を克服すると

早漏を克服するとどんな変化が起こるかというと、男性としての自尊心が回復します。今まで性的体験に後ろ向きだったのが前向きに変わり、恋愛に積極的になるかもしれません。女性には理解しづらい気持ちなのですが、男性にとって早漏であるという状況は心理的にきついものです。その気持ちを女性に一方的に理解しろというのも難しいですし、いいことでもありません。ですから、自分はしっかり早漏を治療し、パートナーにも性交においての雰囲気づくりに協力してもらいましょう。そうすることで早漏が治癒するだけでなく、パートナーとより深い関係にもなると考えます。

 

まとめ

早漏防止には治療薬とパートナーとの密なコミュニケーションが大事です。この二つの面からアプローチすることにより、性体験がより豊かで味わい深いものにさえなりうるのです。

【早漏】男の早漏れ防止生活 〜早漏克服経験〜 ultima modifica: 2018-04-04T01:50:39+09:00 da A K