お酒飲む

シアリスとアルコールの相性

お酒が好きでED治療薬を服用したいとお考えの方は、アルコール摂取によるED治療薬への影響を、お薬を服用する前に知っておくと良いでしょう。

どの治療薬もED治療薬に限らず、アルコールとの相性が悪い有効成分があり、アルコールが微量であればそれほど影響しない治療薬もあります。

シアリスを含むED治療薬にもお薬により違った特性があり、少しずつ異なる相性があります。

 

勃起不全の改善とアルコールの関係

慢性的なアルコールの摂取により、睾丸が萎縮して男性ホルモンの一種「テストステロン」の分泌を低下させる作用がアルコールにはあります。この「テストステロン」の低下は、勃起不全を引き起す原因の一つでもあります。

一時的なアルコールの摂取でも、お酒が直接的な引き金となり、勃起不全の症状があらわれることがあります。

アルコールを摂取した際に勃起が少し萎えてしまうような経験が、勃起不全の症状があらわれる以前よりあった方は、ED治療薬を服用していても効果が出ない場合があります。

 

シアリスとアルコール摂取

シアリスはED治療薬の中では、服用時の食事制限も厳しくなく上、アルコールに対してもさほど厳しい制限がないのが特徴です。

シアリスの有効成分の特性から、シアリスを服用している際のアルコール摂取は他のED治療薬と比べ、影響が少ないとされています。しかし、厳しいアルコール摂取の制限がないとはいえ、飲み過ぎには注意しなければけません。ビールなどの軽いお酒を1〜2杯程度に抑えると良いでしょう。

 

アルコールをシアリス服用の前に摂取してしまった場合

アルコールと治療薬と呼ばれる「お薬」を同時に服用してしまうのはいかなる治療薬でも、良い相性ではありません。

アルコールを併用してしまい、副作用が強く出て性行為どころではなくなってしまっては、ED治療薬としての特性が活かされません。

シアリスの効果の特性を最大限に活かすためにも、軽く晩酌程度で済ませておくと安心です。

たくさんのお酒を既に飲んでしまった場合は、シアリスを服用しない方が良いでしょう。

 

シアリス服用後、お酒の席に誘われたら

個人差があり、お酒を何倍飲んでも影響がない方もいます。

服用した後だからという理由だけでなく、飲酒後の性行為は健康に害を及ぼす危険因子になることもあります。シアリスがお酒の影響を受けにくいといって、お酒をたくさん飲むのではなく、節度のあるアルコール摂取を心がけましょう。

 

EDの悩み

アルコールで勃起不全(ED)になる?

深酒が原因で勃起不全になってしまう症状は、節酒以外何も回避の方法がありません。

一時的な勃起不全になった恐れがあると焦って判断し、アルコール摂取後にED治療薬を服用して勃起させようというのは、危険な行為です。

実はこれ、アルコールが直接的原因で、勃起不全の症状が出てしまっているわけではないのです。アルコールを体内で代謝させる際に発生する「アセトアルデヒト」が睾丸を萎縮させることが原因なのです。

アルコールの摂取で、睾丸が萎縮すると、男性ホルモンの供給率が低下してしまい、男性ホルモン不足は、勃起不全だけでなく筋肉量が下がってしまうということに繋がります。

シアリスなどのED治療薬を服用の際には、軽いお酒を1〜2杯程度にお避けるように心がけましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です