早漏れ防止生活 vol:2 〜早漏克服経験〜

早漏の苦しさ

早漏の方の苦しさは、オーガズムに達するまでの短さによる自信の喪失感、女性を満足させることができないことへの罪悪感、自分自身でも性的に満足する前に射精してしまうことからくるフラストレーションによるところが大きいです。

早漏の方は、オーガズムに達するまでの時間が短いという性体験を繰り返すうちに、性行為をする機会を逃したり、意図的に避けたりするようになります。その原因は男性としての自尊心が傷ついてしまう経験のためです。

では、早漏の方はどのようにしてこの状況に向き合えばいいのでしょうか。

カップル 早漏防止で薬使う

早漏を克服

射精と勃起に関係する自律神経はそれぞれ異なります。勃起は副交感神経が優位になっている状態、射精は交感神経が優位になっている状態の反応です。どういうことかというと、勃起はリラックスしている状態、射精は興奮状態で生じるものなのです。リラックスした状態で性交に臨み、その過程で興奮を高めていくことで射精に至るのです。

リラックスしたムードのもとで、時間をかけて性交を行うことが簡単にできる早漏防止策の1つなのです。ただ、これだけでは改善されない場合もあります。そのような場合にはお薬を使うことが一つの早漏防止策になります。

 

早漏を克服するとどうなる?

早漏を克服するとどんな変化が起こるかというと、男性としての自尊心が回復します。今まで性的体験に後ろ向きだったのが前向きに変わり、恋愛に積極的になるでしょう。

女性にも声をかけやすくなり、ベッドにも誘いやすくなるようです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です