早漏 カップル 悩み

早漏の実態と現象

女性を満足させる前に思ったよりも早く射精してしまうのが、自分で射精のタイミングをコントロールできないタイプの早漏です。

早漏の方の中には、パートナーを喜ばせたい一心で精力剤を買いに走った方も多いと思われます。

個人差はありますが、早漏の定義として「相手を満足させる前に射精をしてしまう」というのが実態のようです。

早漏でない方は、自分が「早漏かもしれない」とは思いもしません。ですので、「早漏かも」と思った時点で早漏である可能性が高くなります。

 

早漏の実態

早漏を引き起こす仕組みには、副交感神経と交感神経が関係してきます。リラックスしている時に優位になる副交感神経が勃起を司令し、興奮したり緊張する時に優位になる交感神経が射精を指示するのです。副交感神経から交感神経へのスイッチの切り替わりが早いと、早漏の症状を引き起こしてしまいます。

そのため、セックスをする時にリラックスしている状態でいることは早漏を改善するために大切になります。逆に、緊張したり興奮しすぎると、早漏になりやすくなります。また、ストレスを感じている状態であったり、睡眠不足だと早漏になりやすくなります。

 

若年早漏の実態とは?

早漏は、年齢に関わりなくすべての年齢の男性の方が悩んでいる症状です。

中でも、若年者の方で早漏に悩む方は多いのです。セックスの経験が少ないため興奮しやすく早漏となり、経験を積んでいくと、早漏が治ってくる人が多いのが若年性早漏の実態です。

高齢 ED薬で治療

加齢による早漏の実態

加齢による早漏の症状は衰弱性早漏と呼ばれています。加齢が原因で起こる早漏の症状ですが、お薬や精力剤を服用することによって、改善が期待できます。

このタイプの早漏はEDが原因の場合が多く、早漏防止効果の成分が含まれたED治療薬の服用が良いでしょう。体力的に問題がある場合などには、市販の精力剤などで早漏防止効果が十分に得られる可能性があります。

様々な早漏防止アイテムを取り入れることによって、射精までの時間を長く延長させることができます。

 

早漏の症状と早漏防止薬の実態

早漏に気づいたら、症状に合った早漏防止のお薬や方法を選んでみましょう。

筋肉の衰えによる早漏の症状は、射精閉鎖筋を鍛えることによって、早漏防止トレーニングを行うことができます。射精閉鎖筋とは、尿道の閉鎖や射精の際に精液を排出する機能を持つ筋肉群です。

加齢が原因の早漏でお困りの方は、この運動をすることで失禁効果も期待できます。この運動は、産後のお母さんたちが行なっている運動でもあります。

座ったままでもできる早漏防止運動です。

 

1:肩の力を抜き、お腹に力が入らないように気をつけながら、ゆっくりと肛門を締めます。

2:締めたままで3~5秒間保つ

この動作を1セットにして1日、5~10セットを目安として行います。

 

ストレスによる早漏を感じる方は、交感神経が常時働いてしまっています。ストレスや不安を感じることで、射精命令が意図するよりも早く脳から陰茎に伝達されてしまいます。このような方の早漏防止には精力剤が良いかもしれません。マカやその他の体を活性化させ、疲れた体に元気を取り戻してくれる成分がたくさん含まれています。早漏防止以外にも、体力改善としても有効的です。

また、睡眠をたっぷりとり、休養をとることもとても大切になります。

 

結局、早漏防止に一番効くのは早漏防止薬

早漏の症状と一緒にあらわれる症状でEDがあります。ED薬の中には、早漏を改善する有効成分が含まれているお薬も幾つかあります。ED薬と早漏防止が一緒に入っているお薬として有名なのが、スーパーカマグラとスーパータダライズなどがあげられます。このスーパーカマグラとスーパータダライズは、お薬の効果の効き方や、薬の効果持続時間などが変わってきますので、ご自身にあった薬を選べば良いかと思われます。

外用の早漏防止効果のあるリドカインなどのクリームなどもありますので、両方使用してみて効果を試すのもいいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です